石庭はただの石庭だ

 
スポンサーリンク


季節は移ろう

 地域医療ジャーナル、2015年10月号発行しました。ぜひ読者登録の上、ご覧ください。手前味噌で恐縮ですが、なかなかの内容になっていると思います。

cmj.publishers.fm

 扉の写真は青森の市街地です。葉先がわずかですが紅葉がはじまっていました。東京に戻ると、まだ秋は少し遠くに感じられます。季節が移りゆくことを感じます。

 

石庭は何の象徴か 

 さて、趣味としてのブロガー - 地域医療日誌 by COMET のつづき記事です。

 何かを求めていない自分について、考えて(考えないで?)みることにしました。しかし、何も考えず過ごすということは、なかなか難しいものです。

 ちょうど京都方面で仕事が入ったので、龍安寺の石庭でも眺めることにしました。そのできごとを、地域医療ジャーナルの編集後記にも載せています。

cmj.publishers.fm

 

f:id:cometlog:20150930194204j:plain

 

「みなさん、石は何個見えますか?」
「14個しか見えないかもしれませんが、実は15個あるんです。」
「石が海に浮かぶ島々や、雲海に浮かぶ山々に見えませんか。」

 

 次々とガイドさん促されて、石の数を数えるこの国の学生たち。一度そのような見方を与えられると、意識がそこからなかなか離れなくなってしまいます。

 親切な説明(教育?)が仇となり、本来の魅力を台無しにしてしまっているように感じました。

 

ありのままをとらえる

 この体験と同時並行で目にしたとあるネット記事が、完全にオーバーラップします。

 実は、かつて僕はある授業で、村上さん本人がゲストのディスカッションのリード役をしたことがあります。僕は学生に、小説の中の海底火山は何の象徴と思うかと質問したのですが、村上さんは誰かが答えるより前にいきなり口を挟み、「火山は象徴ではない。火山はただの火山だ」と言ったのを覚えています。

なぜ村上春樹は世界中の人々に「ささる」のか―村上作品の英訳者・ルービン氏、大いに語る ジェイ・ルービン(ハーバード大学名誉教授) 
東洋経済オンライン 2015年09月25日

 

 この作品の中で、海底火山の表現は印象的な場面ではあります。

パン屋再襲撃 (文春文庫)

パン屋再襲撃 (文春文庫)

 

 

 火山は何を象徴したものだとか、何の比喩だとか、思わず考えたくなってしまいます。これは国語の教育効果かもしれませんが、ここに認識の落とし穴が待っているのでしょう。

 

 「石庭は象徴ではない。石庭はただの石庭だ。」

 何も考えないように、感性を研ぎ澄ますこと。そして、その中から立ち上がってくる何かをとらえること。

 少しだけ体感できたように感じました。

 ありのままをとらえることは、ちょっと難しい技術なのでしょう。まだまだ修行が必要です。

 f:id:cometlog:20150930194033j:plain

Community Medicine Toolbox, Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル