地域医療日誌 by COMET

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

往診カバンは何を使っていますか?

スポンサーリンク


f:id:cometlog:20160204004914j:plain

 

 訪問診療に使用する「往診カバン」が少し古くなってきました。往診用として販売されていたカバンでしたが、やや大きく使いにくいところがありました。

 新調するにあたって、もっと使いやすいカバンはないかだろうか?ということで、Google検索してみました。

 

人気の無印派

 松村医院の松村真司さんのコラムです。

松村医院《健康コラム》

(3) 往診バッグ:二子玉川の無印良品で買いました。軽くてたくさんものが入るので重宝しています。

 

  往診カバンの中身を詳しく紹介されていますが、こうした情報はとても役立ちます。

 無印良品のビジネスバッグでしょうか。往診専用のカバンより、安くて丈夫で使いやすいのかもしれません。

 なるほど、参考にしたいと思います。

 

在宅医療のモノ語り

 もうひとつはこちら。つるかめ診療所の鶴岡優子さんの連載「在宅医療モノ語り」から。

医学書院/週刊医学界新聞(第2927号 2011年05月09日)

私はある診療所で使われている往診鞄で,通称“クロ”です。「MUJI」という有名ブランド出身で,3900円で売られていました。

 

  なんと、こちらも無印良品ですね。使いやすくて人気なのでしょうか?

 ここはお店をチェックしたいところです。

 

 しかし、この連載記事、すごいですね。お恥ずかしながら、今日はじめて知りました。最初から順番に読んでいきたいです。

 鶴岡優子さんの往診カバンの中身研究 *1 というのも、ちょっと惹かれるテーマです。

 

やはりビジネスバッグが主流?

 さらに検索したところ、こちらにたどり着きました。地域包括ケアセンターいぶきの畑野さんのウェブサイトです。

往診カバンの中身

旅行用バッグは14000円程度です。医療用の往診カバンは3万円以上するので、旅行用バッグ の方が安くて使いやすいと思います。なにせポケットの数が多い。肩から背負えます。

 

 やはり往診専用カバンではなく、バーマスのブリーフケースを使っているようです。紹介されていたカバンは、偶然にも私用で使ったことがありますが、とても使いやすくて丈夫でした。(最後はジッパーが壊れてしまいましたが。)

 こちらだと思われます。

60133 BERMAS FUNCTION(バーマス ファンクション) ブリーフ39 2層EX 78301

60133 BERMAS FUNCTION(バーマス ファンクション) ブリーフ39 2層EX 78301

 

 

 カバンの中身も全部紹介されており、どんな物品を配備しているのかたいへん参考になります。

 

 ちなみに、地域包括ケアセンターいぶきの畑野さんのウェブサイト「いぶき地域と健康・福祉のまちづくり」は伊吹山の美しい写真がたくさんあり、和みます。こちらも合わせてどうぞ。

「いぶき地域と健康・福祉のまちづくり」
地域包括ケアセンターいぶき (by hatabo)

hataboのセミオフィシャルなケアセンターいぶきHP
地域包括ケアセンターいぶきトップ

 

往診カバン、その後

 さて、その後日談です。

 無印良品のブリーフケースにしようと、ルミネに向かったところ、バーゲンでお店が混雑中。(たまたまルミネのバーゲン最終日だったようです。)

 

 店内をみていたら、収納力や形(A4縦ファイルやノートパソコンがすっぽり入る)がちょうどよいビジネストート *2 を発見。

www.muji.net 

 

 持ち歩くものが多いので収容力重視ですが、軽くて丈夫そうです。少し使ってみることにしました。

 

 問題といえばアンプルなどの薬品入れでしょうか。

 これまでは往診用バッグだったため専用付属品がありました。ビジネスバッグの場合、どのように工夫して持ち歩いているのでしょうか?

 さらに知りたいところです。

 

※ 2016-02-03 過去記事を統合・一部修正しました。

Community Medicine Toolbox, Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル