地域医療日誌 by COMET

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わかりやすいことはよいことか?

スポンサーリンク


  つづけて、本の紹介です。

  以前紹介した「死にカタログ」の著者で、アートディレクターの寄藤文平さんの最新作。

わかることよりもわかりやすさが求められる時代。「わかる」ことから「わかりやすさ」が分離しつつある、という指摘は鋭い。


  イラスト満載で楽しませてもらいました。 「わかりやすく伝えたい」と繰り返し求められる中で、わかるとは何か、深く思索した一端がうかがえる作品です。

「わからなくても、わかりやすければいい」


  人はわかりやすさを求めています。難しいことは、なんとかわかりやすく伝えようと努力しがちです。自然と、それが親切な伝え方だと思い込んでしまっているようです。

  しかし、わかりやすく説明することは、わかることにつながっているのでしょうか。

たぶん、「わかりやすく伝える」ことの中には、「その素晴らしさを伝えたい」という気持ちが含まれている気がする。

  楽しさ、おもしろさを、伝えようとすること。なるほど、少し肩の力が抜けたような気がします。

  わかってもらおうとするから、うまくできずに悩みます。しかし、楽しさを伝えようとすることなら、なんとかできそうな気がします。

  わかりにくいことをわかりにくいまま伝えることも、時には大事なのではないか、とも思います。

  少なくとも、わかりやすいことを目標にしないことは肝に銘じたいと思います。

 

Community Medicine Toolbox, Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル