地域医療日誌 by COMET

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Propensity score(傾向スコア)とは?

スポンサーリンク


  「ジスロマックで死亡増加の懸念」につづきます。この論文で出てきた、Propensity score(傾向スコア)とは何でしょうか。確認しておきます。

 
  観察研究で用いられる統計学的手法で、1983年Paul RosenbaumとDonald Rubinによって最初に発表されました。
PAUL R. ROSENBAUM, DONALD B. RUBIN. The central role of the propensity score in observational studies for causal effects. Biometrika (1983) 70 (1): 41-55. doi: 10.1093/biomet/70.1.41 
The propensity score is the conditional probability of assignment to a particular treatment given a vector of observed covariates. Both large and small sample theory show that adjustment for the scalar propensity score is sufficient to remove bias due to all observed covariates. Applications include: (i) matched sampling on the univariate propensity score, which is a generalization of discriminant matching, (ii) multivariate adjustment by subclassification on the propensity score where the same subclasses are used to estimate treatment effects for all outcome variables and in all subpopulations, and (iii) visual representation of multivariate covariance adjustment by a two- dimensional plot.
  原著を眺めてみても、ちょっと難しくてわかりません。そのかわり、いくつかわかりやすい解説が見つかりましたので、それぞれ引用元をご参照ください。
季刊誌 Anet Vol.15,No.3 2011 - 丸石製薬株式会社
メモ■Propensity Score
Propensity Score | 大阪大学腎臓内科
ただの医者じゃない
傾向スコア 

  コホート研究ではランダム化比較試験に比べて患者背景に偏りが生じます。これを調整するために、既知の変数から治療可能性の確率を算出し、そのスコアが同じような集団同士で比較しようというマッチングの方法、ということになるでしょうか。

  既知の背景因子のみで調整されるため、ランダム化比較試験のように未知の背景因子までは揃えることができないことになり、限界はあります。しかし、観察研究のなかでは、より慎重に推定された結果になると思われます。

Community Medicine Toolbox, Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル