地域医療日誌 by COMET

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

授乳中の薬について

スポンサーリンク


  授乳中のお母さんに薬を処方しなければならないことがあります。薬の多くは母乳に移行するといわれますが、どの程度安全なのか、情報が十分に得られないのが現状です。

  製薬会社が発行する医薬品添付文書では、ほとんどの薬にこのような注意がついています。
------------------------------------------------------------
ロペミン 添付文書より

妊婦、産婦、授乳婦等への投与:
妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない。]
授乳中の婦人には本剤投与中の授乳は避けさせること。[ヒトで母乳中に移行することが報告されている。]
------------------------------------------------------------

ホワイトリスト方式の弊害

  ほとんどの薬について記載されていることから、安全であることが研究で確実に証明されているもの以外は、安全性が確立されていない、という説明になっているようです。

  医師から「内服中の授乳はやめてください」という説明がなされる場合、多くは、この製薬会社からの情報によるものではないでしょうか。特に授乳婦への投薬に慣れていない医師の場合には、処方を躊躇するのは当然でしょう。

  また、安全と判断して処方した薬についても、薬局の薬剤師から照会がきたりすることもあります。このような混乱は、不十分な情報が招いているものと思われます。

  海外の文献には、妊婦や授乳婦に対する薬の安全性情報は公開されていますが、残念ながら国内では適切なものではありません。

  以下のウェブサイトでは、授乳中の薬についての情報が紹介されています。
------------------------------------------------------------
妊婦と薬情報センター

おくすり110番

------------------------------------------------------------

Community Medicine Toolbox, Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル