都市部の地域医療へ挑戦

スポンサーリンク


  今月から、都市部での地域医療・家庭医療に関わることになりました。

  これまでは、大学病院など研修病院での総合診療、都市部の病院での総合診療、へき地の病院での総合診療、へき地の診療所での家庭医療、地域医療教育に関する国内海外医療機関での研修、離島や医師不足地域の診療支援や代診、ホームレスの診療など、必要に迫られながらも、全国を飛び回りいろいろな経験をさせていただきました。

   つらい現場で格闘した経験は、とても勉強になり、成長につながったと実感しています。臨床能力や教育力を追求していくためには、整備された環境での研修だけでは不十分で、追い詰められた状況から学ぶ経験を避けるべきではないと思います。

  いろいろな局面でたくさんの方々に助けていただき、ありがとうございました。この場を借りて御礼申し上げます。


  都市部のクリニックに勤務するのは初めての経験です。これまで出会ってきたたくさんの患者さんの診療経験をもとに、少しでもお役に立てればと思っております。

  また、地域医療教育については、さらに新しい試みを続けていきたいと思います。

  今後ともよろしくお願い申し上げます。

Community Medicine Toolbox, Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル