TGN1412事件とケアバンドル(2)

 
スポンサーリンク


 TGN1412事件とケアバンドル(1) - 地域医療日誌 by COMETにつづきます。


  TGN1412事件のその後はどうなったのでしょうか。興味があります。

  製薬会社のTeGenero社(独)は2006年6月に破産を申告しています。そしてNHSトラストは・・・?

  TGN1412事件やNorthwick Park病院のことを知り、もう一度ケアバンドルは院内死亡率をへらす(1)で取り上げたBMJの論文を読み返してみました。

  なんと、IntroductionにこのTGN1412事件のことが次のように触れられていました!驚きです。

------------------------------------------------------------
Robb E, Jarman B, Suntharalingam G, Higgens C, Tennant R, Elcock K. Using care bundles to reduce in-hospital mortality: quantitative survey. BMJ. 2010 Mar 31;340:c1234. doi: 10.1136/bmj.c1234. PubMed PMID: 20360220.


  The North West London Hospitals NHS Trust serves a population of about 500 000. The trust received adverse media coverage following the Healthcare Commission’s report on its maternity services in July 2005 and in March and April 2006 regarding a drug trial at Northwick Park Hospital in which six men developed organ failure. Both stories had an impact on staff morale and on patients’ perceptions of Northwick Park Hospital. The HSMR for the trust for 2006-7 was 84.6, 15.4 points below the national value. We initiated a scheme aimed at reducing mortality rates and increasing public confidence in the quality of patient care.
------------------------------------------------------------





  引用文献にはBBCニュースも引用されています。はじめは読み流して気づきませんでした・・・。Introductionには重要な文脈が書かれていますね。


TGN1412事件からケアバンドルの取り組みへ

  病院や地域には、おそらく相当な衝撃だったに違いありません。ケアバンドルで院内死亡率をへらそうと、病院やトラスト全体で取り組んだ背景が、臨床医としてはよく理解できました。

  たった3ページのひとつの報告から、いろいろなことを学ばせてもらいました。臨床研究って本当に味わい深いものですね。


Community Medicine Toolbox, Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル