開業医も適正進化を

 
スポンサーリンク


  asahi.comから。
------------------------------------------------------------
再診料「地域医療へ貢献なら加算」 厚労政務官

  来年度の診療報酬改定で焦点となっている、再診料の病院(600円)と診療所(710円)の格差見直しについて、厚生労働省足立信也政務官は19日、診療所の再診に対する報酬水準を下げて、時間外対応など地域医療に貢献する診療所には加算する意向を明らかにした。

  再診料の価格差は、開業医に手厚い報酬体系の象徴として批判されており、統一する方向で議論が進んでいる。

  足立氏はこの日の記者会見で、「時間外で電話に応じたり、自分が診察できなくても他の病院を紹介するなど、地域医療で頑張っている方々の診療料を下げるつもりは全くない」と強調した。そのうえで、「薬だけ処方されているようなところや、9時~5時でいなくなって、その後は連絡の取りようがないところ」と例示し、こうした診療所は「若干の低下はあるだろう」と述べた。
------------------------------------------------------------
(以下省略)

  これからは開業医も一次医療の担い手として、体制を構築していかなければなりません。努力する開業医が評価される仕組みにしていただきたいものです。

  適正な進化を促す方法に賛成です。

Community Medicine Toolbox, Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル