地域で学んだことは次の人に残せ

スポンサーリンク


  毎日新聞は村上智彦さんの連載でした。
------------------------------------------------------------

  <32歳で医師免許を取った遅咲きの新米医師は93年、地域医療を担う医師の養成や研究を行う自治医大地域医療学教室(栃木県下野市)の臨床派遣助手になり、地域医療の現場に長く従事した五十嵐正紘教授(故人)に師事した>

  当時、地域医療を希望する医師はマイナーで、みんな専門医を目指していた時代だった。でも、五十嵐先生は実際に北海道東部の厚岸(あっけし)町で働いた実績がある。だから言葉に説得力があった。「地域で学んだことは次の人に残せ。そうすれば次の人が次のステップに移せる。それが地域の財産になる」と言われた。

  僕が今やろうとしているような、医者と行政と住民が一緒になって少ない予算で地域医療を行うという構想は当時から持っていた。周囲からは「理想だけど、無理」と言われたが、五十嵐先生は「やってみれば」と。当時、僕の相手をしてくれたのは五十嵐先生だけだった。
------------------------------------------------------------
(一部抜粋)

引き継ぐことで医療は継続する

  地域医療の継続性を考えるとき、必ずその限界に突き当たります。次の人に残すことで無駄にならない、という言葉は、地域医療に取り組む者にとって拠り所となる心強いメッセージです。

  佐藤元美さんのブログはこちらです。
------------------------------------------------------------
藤沢町民病院と佐藤元美の仕事
------------------------------------------------------------

Community Medicine Toolbox, Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル