イチョウは認知症予防にあまり効果がない

 
スポンサーリンク


 

 過去の自分で書いたエントリーを読んでいて、愕然としました・・・かなり忘れています!

 人間の記憶力の限界なのか、私の能力の問題なのか・・・。記憶には自信がありませんので、その都度調べて確かめながら進みたいと思います。

 このエントリーでも重複がなければよいですが・・・エントリー数が多くなっている最近、ちょっと心配です。

 

 さて、自分の記憶についてはさておき、イチョウの葉エキスは古くから「ぼけ予防」に効果があるのではないかと言われ、検証されてきました。

 先日、認知症の予防効果を検証するひとつのランダム化比較試験が発表されましたので、ご紹介します。

Ginkgo biloba for preventing cognitive decline in older adults: a randomized trial. - PubMed - NCBI


■72才から96才までの参加者(3069人)が
■イチョウの抽出物120mg、1日2回服用すると
■プラセボと比較して
■認知機能低下は予防できるか(中央値6.1年間)
■予防、ランダム化比較試験

■結果
スコアには両群で有意差はなかった。

 

イチョウでは予防できなかった

 このランダム化比較試験では認知機能スコアで差がない、という結果です。

 認知機能の指標として用いられているのは、修正Mini-Mental State Examination (3MSE)、Alzheimer Disease Assessment Scale (ADAS-Cog)、記憶・注意・視空間認識・言語・実行機能に関するそれぞれのテストのzスコアの合計、が用いられています。

 厳密な研究がなされたようですが、残念ながらイチョウは認知症の予防には効果がなさそうな結論になりそうです。

 

  さかのぼってみると、認知症のエントリーは初めてでしたね・・・ちょっと意外です。

 

2016.5.2 一部加筆修正

 

Community Medicine Toolbox, Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル