まぶしくてくしゃみ、出ませんか?

スポンサーリンク


太陽を見るとくしゃみが出ます。ずっと誰でもみられる現象だと思っていましたが、そうではなかったんですね。ACHOO症候群と命名されています。ちょっとGoogleしてみました。
------------------------------------------------------------
くしゃみと太陽の因果関係~まぶしがりやさんたちの夏。

ア)太陽を見ると、くしゃみが出る。
イ)暗い場所から急に明るい戸外に出るとくしゃみが出る。
ウ)くしゃみが出そうなときに明るいほうを向くと必ずくしゃみ出来る。

上記ア)~ウ)の症状に心当たりのある方。
これらは
“Autosomal Dominant Compelling helioopthalmic Outburst Syndrome ”
あるいは“Achoo Syndrome ”
などとも呼ばれる先天性症候群にほかなりません。
------------------------------------------------------------
アチュー症候群

この症状でくしゃみをするメカニズムは猫を使った研究がされたらしい。
瞳から入った強烈な光は目の中の瞳孔を収縮させるのと同時に鼻腺に鼻汁分泌を起こさせる。
この分泌によって鼻粘膜にむずむずした感覚が生まれ、感覚神経(三叉神経)を介してくしゃみ反射中枢に作用してくしゃみが起こるという。
人間も同様の過程をとると考えられているが、まだ定かではないのだとか。
------------------------------------------------------------

こんなページ太陽とくしゃみ同盟までありました。
PubMedで"ACHOO syndrome"で検索すると、4件のみ(!)でした。
------------------------------------------------------------
Morris HH 3rd. ACHOO syndrome: laboratory findings. Cleve Clin J Med. 1989
Oct;56(7):743-4.

The author provides laboratory documentation of the ACHOO syndrome (photic sneeze reflex) and was able to calculate the latency of the reflex.
------------------------------------------------------------
Abramson DC. Sudden unexpected sneezing during the insertion of peribulbar
block under propofol sedation. Can J Anaesth. 1995 Aug;42(8):740-3.

The author presents a case report where, following propofol sedation for a peribulbar block, sneezing was induced once the local anaesthetic needle was placed in the orbital cavity. The physiology of sneezing is discussed, as well as the pathophysiology of the ACHOO (Autosomal Dominant Compelling Helio-Ophthalmic Outburst) syndrome, an autosomal dominant condition, present in approximately 25% of the population, where sneezing is provoked upon exposure to bright light. It is suggested that the anaesthesia induced by propofol may have sensitized patients with this condition to sneeze, since there appeared to be no other excitatory sequelae which have previously been described with propofol.
------------------------------------------------------------

いまのところ治療法はなさそうです。車を運転している時に危ないくらいですので、まあ気にはなりませんが。

Community Medicine Toolbox, Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル