地域医療日誌 by COMET

新臨床研修制度はパンチ力不足

スポンサーリンク


 河北新報のすぐれた社説です。問題点を的確にとられていると思います。一部抜粋します。
------------------------------------------------------------
新臨床研修制度/医師定着にはパンチ力不足

 研修先の病院は若い医師を早くから戦力として活用できるほか、都市部に集中する研修医を全国に分散させる狙いがある。地方の医師不足対策の一つとして厚生労働省が5月に見直しを決定した。 しかし、総合的な診察力を持つ医師の育成は医療の根幹だ必修の負担減が診療科による医師の偏在解消に寄与するとも思えない。募集の枠組みの変更も、大都市圏への集中を排除する効果が上がるのか疑問だ。新制度はパンチ力不足に見える。

 現行制度は2004年度に始まった。それまでは多くが卒業した大学に残って研修していたが、教授をトップとする診療科(医局)の下働きとして扱われ、教育指導に不安があった。そこで最初に内科、外科、救急、小児科、産婦人科、精神科、地域医療の7科目を16カ月かけて学び、後半の8カ月は自分が選んだ専門科に進むこととした。
 どんな患者にも対応できる医師育成に比重を置いていたと言える。希望する病院を選べるようにもなり、学生は「施設が整い、優れた指導医が多い」と評判の東京などの民間病院に集中した。敬遠された地方の大学病院は研修医を確保しにくくなり、公立病院などに派遣していた医師を引き揚げた。現在につながる「負の連鎖」の始まりだ。

 今回の見直しで必修は内科、救急、地域医療の三つに減り、外れた科目のうち2科目を自由に選択する。医師は早々に現場で働ける。厚労省は「労働力の確保」という即効薬を選んだ形だが、総合力育成の観点からすればどうか
 
 地方に環流させる誘導策として一定の評価はできる。課題は実効性の確保だ。魅力のある病院の少なさが大都市集中を招いたとすれば、今後は優秀な指導医や教育プログラムをいかにそろえるかにかかる。もっと踏み込んだ方向付けが必要だった。
------------------------------------------------------------

地域偏在の一因は研修教育環境

 医師不足対策のため、将来の総合力のある臨床医育成という本来の研修制度の理念を捨て、姑息的対応に走ってしまった今回の新臨床研修制度。この制度変更は将来、臨床医の深刻な臨床レベル低下を招く可能性があると思われます。

 そもそも研修医は大都市に集中したのではありません。研修環境など魅力ある病院に集中した結果、地域偏在が生じたのです。医師が少ない地域では、総合的な臨床能力が必要とされるはずです。しかし、地方には総合的な臨床能力養成に力を入れた研修プログラムが残念ながら少ないのではないでしょうか。

 研修環境に対する是正がないまま、ただ定員をいじることは何を意味するのでしょうか。忙しくて指導する時間もない地方病院の将来専攻しない診療科で研修する研修医。その相手をさせられる指導医。なんだかお互い少し残酷な気がします。

Community Medicine Toolbox, Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル