嚥下障害のスクリーニング

 
スポンサーリンク


 こんなページもありました。SSPTについての概説がありますが、他の嚥下障害のスクリーニングについての感度、特異度が記載されています。
------------------------------------------------------------
SSPTとは
Simple Swallowing Provocation Test ( SSPT; 簡易嚥下誘発試験 ) について

ベッドサイドでの嚥下・声の観察 ( 感度 21%、特異度 93% )
オキシメータを使った嚥下評価 ( 感度 47%、特異度 86% ) ( 感度 87%、特異度 39% )
咽頭反射の検出 ( 感度 80%、特異度 68% )
反復唾液嚥下テスト ( 感度 98%、特異度 66% )
水飲みテスト ( 感度 70%、特異度 88% )
食物テスト ( 感度 72%、特異度 62% )
嚥下前・後エックス線撮影 ( 感度 50%、特異度 76% )
------------------------------------------------------------

 SSPTについてはこのページをご覧ください。


Community Medicine Toolbox, Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル