地域医療日誌 by COMET

デュピュイトラン拘縮と死亡率(2)

スポンサーリンク


 UpToDateには死亡率が高くなるとの文献が引用されていました。PubMedで調べてみると、観察研究がいくつかあるようでした。15年観察したコホート研究がありました。
------------------------------------------------------------
Increased total mortality and cancer mortality in men with Dupuytren's disease: a 15-year follow-up study.
Gudmundsson KG, Arngrímsson R, Sigfússon N, Jónsson T.
J Clin Epidemiol. 2002 Jan;55(1):5-10.


■ Dupuytren病の人を
■観察すると
■一般の人に比べて
■死亡率は高いか
■予後、コホート

■結果
Reykjavikコホートからのデータ
参照コホート:21.5%(225/1048)
Dupuytren病stage 1(硬結のみ):29.9%(55/184)
Dupuytren病stage 2(拘縮あり):47.7%(31/65)
年齢・喫煙ほか交絡因子を調整したハザード比=1.6[95%信頼区間1.1-2.4]
------------------------------------------------------------

 平均年齢が参照コホート55.9歳、stage 1 60.3歳、stage 2 62.0歳とだいぶ差がある集団です。しかし調整してもその差はみられました。
 癌死もハザード比=1.9[95%信頼区間1.0-3.6]とのことでした。
 少し気をつけてみたいと思います。

Community Medicine Toolbox, Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル