心不全の糖尿病はHbA1c 7.1-7.8%

スポンサーリンク


 また糖尿病のコントロールに関する論文です。論文未入手のため、abstructのみの情報です。

Relationship of hemoglobin A1C and mortality in heart failure patients with diabetes. - PubMed - NCBI

Aguilar D, Bozkurt B, Ramasubbu K, Deswal A.
J Am Coll Cardiol. 2009 Jul 28;54(5):422-8.

  • 心不全のある糖尿病患者(退役軍人5815人)について
  • HbA1cは
  • 死亡や心不全による入院の予後因子となるか
  • 予後、retrospective cohort
  • 結果
    2年間で死亡率は
    Q1 (HbA1C < or =6.4%) 25%
    Q2 (6.4% < HbA1c < or =7.1%) 23%
    Q3 (7.1% < HbA1c < or =7.8%) 17.7%
    Q4 (7.8% < HbA1c < or =9.0%) 22.5%
    Q5 (HbA1c >9.0%) 23.2%
    交絡因子で調整するとQ3が最も低率だった。
    Q1と比較してリスク調整ハザード比:0.73
    (95%信頼区間0.61 to 0.88, p = 0.001)

    心不全での入院については、
    Q1: 13.3%, Q2: 13.1%, Q3: 15.5%, Q4: 16.4%, and Q5: 18.2%
    調整すると関連は有意ではなかった。

 

 コホート研究でもやはり、HbA1cは下げすぎてもよくないという結果でした。

Community Medicine Toolbox, Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル