白内障術前検査ではリスク減少しない

 
スポンサーリンク


 そろそろ軌道修正を。久しぶりの論文はCochrane Libraryから。
------------------------------------------------------------
Routine preoperative medical testing for cataract surgery.
Keay L, Lindsley K, Tielsch J, Katz J, Schein O.
Cochrane Database Syst Rev. 2009 Apr 15;(2):CD007293.

■白内障の術前患者に
■ルーチンで術前検査を行うと
■検査を行わないまたは限定的な検査に比べて
■術後合併症が増加するか
■害、メタ分析

■結果
3つのランダム化比較試験、21531件の手術について検討
707件の合併症、うち61件の入院、3件の死亡
術前検査群:353件
対照群:354件
術中(OR 1.02, 95% CI 0.85 to 1.22)、術後(OR 0.96, 95% CI 0.74 to 1.24)とも合併症発生には差がなかった。
------------------------------------------------------------
 術前検査を依頼され、どこまで検査するか迷うことがありましたが、それほど慎重にならなくてもよさそうです。防衛医療でなければ、という条件がつきますが。
 白内障手術で入院する人が0.28%、死亡する人が1万人に1.4人(0.014%)いるとのことです。こちらにも注目ですね。

Community Medicine Toolbox, Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル