医療のコトバ、司法のコトバ

スポンサーリンク


 加古川市民病院事件に関するインターネット・ブログの言論について、兵庫医療問題研究会から声明が出ているようです。
------------------------------------------------------------
兵庫医療問題研究会 声明(概要)
2009(平成21)年4月24日
声明(概要)
第1 声明の趣旨
兵庫医療問題研究会は、2007(平成19)年4月10日、神戸地方裁判所においてなされた加古川市民病院における医療過誤事件に関する判決について、複数のインターネットブログ上で、匿名の人々(医師を名乗る人々も含まれる)が、判決においては認定されていない事実、さらには訴訟において医療側が主張したこともない事実を、あたかも真実であるかのように記載して、それを前提に妥当とはいえない判決批判が繰り返されていることに鑑み、そのような手法で医療の安全について偏った議論がなされていることを明らかにすると共に、上記医療過誤事件判決及び医療の安全について、公正な議論がなされることを求めます。

第2 声明の理由(概要)
1. 当研究会の所属弁護士担当事件
加古川市民病院事件判決(神戸地裁平成19年4月10日判決、確定)は、当研究会に相談依頼があり、所属弁護士2名が遺族から依頼を受けて裁判を担当したものです。
2. 事案
発症後短時間で受診した急性心筋梗塞の64歳男性患者について、休日昼間の当直医の転送義務違反が争われたケースで、2003(平成15)年3月30日(日曜日)に発生した事例です。 急性心筋梗塞に対する治療設備を持たない加古川市民病院で、当直医が患者の心電図、自覚症状から急性心筋梗塞発症を診断しながら、血管拡張剤の点滴をしたのみで、70分間放置し、70分後に転送要請を行いました。 転送要請から25分後受け入れ先病院から、受け入れ可能の連絡をもらい、その15分後、転送の救急隊が到着した時点で、患者の容態が急変、そのまま死亡しました。 当直医が、転送要請までに時間を要した理由は、血液検査の結果が出なければ周囲の病院が転送を受け入れてくれない慣行があるから、とのことでしたが、裁判所による調査嘱託の結果、周囲の病院はこれを否定しました。
3. 判決
神戸地裁6民は、当直医の転送義務違反をみとめ、患者の死因は心筋梗塞に起因する心室細動であり、早期に転送を行っていれば救命可能性があったとして、遺族らの請求全額を認容しました。被告は控訴せず確定しました。 本判決の詳しい内容及び経過は、声明の1頁から6頁に記載したとおりです。
4. インターネット上での匿名言論
問題はその後です。この判決については、直後に新聞報道がなされましたが、その直後から複数のインターネットブログ(医師と称する匿名者が作成)でこの判決に対する批判が相次ぎました。 問題なのは、それらのブログにおいて、判決に認定されておらず、当直医も証言していない「事実」を勝手に加え、それに基づき批判をしている事です。ブログでは、「当直医は、70分間の間に5つの周辺病院に転送要請を行ったが次々に断られた。そこでもう一度2回目の転送要請をかけたところ、1件目に受け入れを了承してもらった。転送準備をしているところで急変した。」と、判決も認定せず、当直医も証言していない「事実」を確たる内部情報として記載し、「医師として全力を尽くしているのに、これで転送義務違反と認められるなら、救急などやっていられない。」というような批判を繰り返しています。 また、「医師の搬送が遅れたら、患者や弁護士はおいしいと考える。なんら医学的な論争をせず、結果責任で裁判に勝てるのだから。これは、法律のすき間を縫った合法的な錬金術です。」などと、患者や患者側弁護士への不当な批判もなされています。

以下略
------------------------------------------------------------
 当ブログでも新聞記事を端緒に少し取り上げました。判決文に沿って取り上げていました。

加古川市民病院、現場に波紋今も (1) - 地域医療日誌 by COMET

加古川市民病院、現場に波紋今も (2) - 地域医療日誌 by COMET


 事実と異なる言論に問題があることはまったく異論はありません。しかし、未だに加古川市民病院事件の判例を理由に救急者の受け入れを拒否せざるを得ない、と考える医師がいるのも事実です。判決は現場に大きな波紋を投げかけているからこそ、批判が出てくるのでしょう。
 判決が確定している以上、事実関係をよく精査した結果であることは理解できます。しかし、第一線にいる現場の医師の立場からの意見が本当に取り入れられたのか、私的鑑定意見書や2つの医療機関への調査嘱託による判断が適正であったのかには疑問が残るところです。
 また、医療で使われるコトバと司法で使われるコトバの違いにも問題がないでしょうか。事実は表現の仕方によってとらえられ方が変わってくるものです。真実はひとつであるとする司法の判断と、不確実性を取り扱う医療の判断には大きな溝があるのではないでしょうか。いろいろ考えさせられる声明です。

Community Medicine Toolbox, Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル