吸入ステロイドでCOPDによる死亡は増えないが、肺炎は増える

スポンサーリンク


 JAMAのメタ分析です。
------------------------------------------------------------
JAMA. 2008 Nov 26;300(20):2407-16.
Inhaled corticosteroids in patients with stable chronic obstructive pulmonary disease: a systematic review and meta-analysis.
Drummond MB, Dasenbrook EC, Pitz MW, Murphy DJ, Fan E.

■COPD患者に
■吸入ステロイドを投与すると
■非ステロイド吸入と比較して
■死亡率は減るか、副作用は増えるか
■治療・害、メタ分析

■結果
11のランダム化比較試験(14426人)
1年間での総死亡は有意差がなかった。RR 0.86 [95%信頼区間0.68-1.09; P = .20; I(2) = 0%]
吸入ステロイド群では肺炎発症率が高かった。RR 1.34 [95%信頼区間1.03-1.75; P = .03; I(2) = 72%]
------------------------------------------------------------
 肺炎はステロイドが高用量のものや気管支拡張薬との併用に多かったようです。COPDの吸入ステロイドについてはさらに吟味が必要でしょうか。

Community Medicine Toolbox, Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル