切除不能進行胃癌のQOL(2)

スポンサーリンク


 2006年のメタ分析から。
------------------------------------------------------------
J Clin Oncol. 2006 Jun 20;24(18):2903-9.
Chemotherapy in advanced gastric cancer: a systematic review and meta-analysis based on aggregate data.
Wagner AD, Grothe W, Haerting J, Kleber G, Grothey A, Fleig WE.


 進行胃癌に、どの化学療法を行うと生存率は改善するかを検証したメタ分析。6か月生存率の加重平均では、緩和ケアに比べてハザード比0.39 [95%信頼区間, 0.28 to 0.52]と化学療法により生存率が改善していた。
------------------------------------------------------------
 QOLについては、今回のメタ分析に含まれなかった研究のひとつが紹介されていました。あとで読んでみたいと思います。

 考察では、生存期間だけではなくQOLや質で調整した生存期間を治療目標に据えるべきである、症状改善と治療毒性のバランスを患者の視点から評価する研究も必要、と問題提起をして結んでいます。

Community Medicine Toolbox, Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル