地域医療日誌 by COMET

CPPD結晶沈着症(偽痛風)の診断(3)

スポンサーリンク


 さらにUpToDateから。CPPD結晶沈着症のうち偽痛風を発症するものはごく一部ということです。CPPD結晶沈着症には以下の分類になっています。
------------------------------------------------------------
・無症候性
・偽痛風
・偽関節リウマチ(Pseudo-rheumatoid arthritis)
・偽変形性関節症(Pseudo-osteoarthritis)、急性発作を伴うもの・伴わないもの
・偽神経原性関節症(Pseudo-neuropathic joint disease)
------------------------------------------------------------
 他に脊椎や手根管に影響が出るものもあるようです。


 またCPPD結晶沈着症には注意すべき併存疾患があります。
------------------------------------------------------------
主な併存疾患
hemochromatosis
hyperparathyroidism
hypomagnesemia
hypophosphatasia
hypothyroidism
familial hypocalciuric hypercalcemia


CPPD結晶沈着症を診断したら、以下の検査を推奨する。
Calcium
Phosphorus
Magnesium
Alkaline phosphatase
Ferritin
Iron
Transferrin
Thyroid-stimulating hormone
------------------------------------------------------------
 そうでしたか、偽痛風は奥が深かったですね。
 併存疾患にも配慮が必要ですね。これからは注意していきたいです。

Community Medicine Toolbox, Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル