CPPD結晶沈着症(偽痛風)の診断(1)

 
スポンサーリンク


 偽痛風の診断について話題になりました。関節液のピロりん酸カルシウム(CPPD)検出がみられなければ、除外してよいのでしょうか。調べてみました。PubMedのClinical queriesから。
------------------------------------------------------------
Ann Rheum Dis. 2005 Apr;64(4):612-5.
Analysis for crystals in synovial fluid: training of the analysts results in high consistency.
Lumbreras B, Pascual E, Frasquet J, González-Salinas J, Rodríguez E, Hernández-Aguado I.


■関節症の患者について
■トレーニングを受けた研修医が関節液を分析すると
■リウマチ専門医の分析結果と比べて
■正確に判断できるか
■診断

■結果
64検体について194回の観察
96 without crystals (49.4%)
55 with CPPD crystal (28.4%)
43 with MSU crystals (22.2%)

結晶の有無 感度95.9%、特異度86.5%
MSU 感度95.3%、特異度97.2%
CPPD 感度92.7%、特異度92.1%
カッパー値 0.79-0.93
------------------------------------------------------------
 よく読んでみると、少し趣旨の違う論文のようでした。検者間で意外と一致するという結果だったようです。
 さらに調べてみます。

Community Medicine Toolbox, Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル