地域医療日誌 by COMET

自然気胸に対して1回穿刺吸引は有効

スポンサーリンク


 自然気胸に対して胸腔ドレーンと穿刺吸引では効果に差がないという2007年のメタ分析がありましたが、今回初発の40%程度虚脱した自然気胸に対して実施しました。胸腔ドレーン挿入はどうしても嫌、という方でした。

 手技についてはこちらにも記載されています。
------------------------------------------------------------
Eur Respir J. 2006 Sep;28(3):637-50.
Management of spontaneous pneumothorax: state of the art.
Tschopp JM, Rami-Porta R, Noppen M, Astoul P.


初発の自然気胸に対しては経過観察または1回穿刺吸引は最初の治療として確立されている。
------------------------------------------------------------
 2.5L以上吸引される場合は失敗とのことでしたが、2.15Lで吸引されなくなり、その後無事軽快退院となりました。胸腔ドレーンより明らかに入院期間は短いようです。

Community Medicine Toolbox, Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル