市中肺炎(CAP)の喀痰検査による診断(4)

スポンサーリンク


 市中肺炎(CAP)の喀痰検査による診断(3) - 地域医療日誌 by COMETつづきです。

------------------------------------------------------------
Clin Infect Dis. 2004 Jul 15;39(2):165-9. Epub 2004 Jul 1.
Diagnostic value of microscopic examination of Gram-stained sputum and sputum cultures in patients with bacteremic pneumococcal pneumonia.
Musher DM, Montoya R, Wanahita A.

血液培養で肺炎球菌が検出された105名のCAP
痰採取できず 31、痰が不適切 16、評価対象となった痰 55.2%
グラム染色 感度57%、痰培養 感度79%
------------------------------------------------------------
 グラム染色や痰培養で菌が検出されなくても、CAPによる菌血症は否定できないということになります。喀痰検査は診断除外のためではなく、診断確定のために用いるべきものですね。

 

つづく

 

Community Medicine Toolbox, Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル