市中肺炎(CAP)の喀痰検査による診断(3)

スポンサーリンク


 市中肺炎(CAP)の喀痰検査による診断(2) - 地域医療日誌 by COMETつづきです。

------------------------------------------------------------
Clin Infect Dis. 2000 Oct;31(4):869-74. Epub 2000 Oct 12.
Prospective study of the usefulness of sputum Gram stain in the initial approach to community-acquired pneumonia requiring hospitalization.
Rosón B, Carratalà J, Verdaguer R, Dorca J, Manresa F, Gudiol F.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11049763

533名のCAP
痰採取 210 (39%)
predominant morphotype 175(32.8%)

肺炎球菌に対して
グラム染色 感度57%、特異度97%
インフルエンザ桿菌に対して
グラム染色 感度82%、特異度99%
------------------------------------------------------------
 こちらの研究はやや検出率が高くなっています。

肺炎球菌に対して +LR 19 -LR 0.44
インフルエンザ桿菌に対して +LR 82 -LR 0.18
 
 
Community Medicine Toolbox, Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル