市中肺炎(CAP)の喀痰検査による診断(2)

 
スポンサーリンク


 市中肺炎(CAP)の喀痰検査による診断(1) - 地域医療日誌 by COMET つづきです。

 

 喀痰検査の感度・特異度はどれほどでしょうか?DynaMedから。
------------------------------------------------------------
Arch Intern Med. 2004 Sep 13;164(16):1807-11.
Assessment of the usefulness of sputum culture for diagnosis of community-acquired pneumonia using the PORT predictive scoring system.
García-Vázquez E, Marcos MA, Mensa J, de Roux A, Puig J, Font C, Francisco G, Torres A
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15364677
1669名のCAP
痰採取 983 (59%)
グラム染色で良質な痰 predominant morphotype (PM) 240 (14.4%)

喀痰培養・肺炎球菌検出に対して
グラム陽性双球菌検出 感度60% 特異度97.6%
------------------------------------------------------------
 喀痰検査で良質な検体は14.4%と少ないですが、もしグラム陽性双球菌が検出された場合、肺炎球菌性CAPの陽性尤度比は25。ほぼ確定的になるようです。

つづく

Community Medicine Toolbox, Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル