医師患者間のつながりが診療の質に影響する

 
スポンサーリンク


 Annals Intern Medから。論文未入手のため抄録のみです。
------------------------------------------------------------
Ann Intern Med. 2009 Mar 3;150(5):325-35.
Patient-physician connectedness and quality of primary care.
Atlas SJ, Grant RW, Ferris TG, Chang Y, Barry MJ.



■2003-2005年に13の一次医療機関を1回以上受診した成人155590人
■特定の医師や医療機関につながりがあれば(アルゴリズムで判定)
■がんスクリーニング(乳腺、頚部、大腸)、糖尿病患者のHbA1c測定とコントロール、糖尿病・冠動脈疾患のLDLの測定とコントロールなどに影響を与えるか
■予後、コホート

■結果
92 315 人(59.3%)が特定の医師につながり(かかりつけ)
53 669 人(34.5%)が特定の医療機関につながり(かかりつけ)
9606人(6.2%)がいずれでもない

医師につながりがある患者は医療機関につながりのある患者に比べて、ガイドラインに一致したケアを受ける傾向にあった。例えば、
 マンモグラフィ 78.1% vs. 65.9% [P < 0.001]
 HbA1c 90.3% vs. 74.9% [P < 0.001]
------------------------------------------------------------
 個人の継続性interpersonal continuityが診療の質に影響を与えることを示した論文です。あとでじっくり読んでみたいと思います。

Community Medicine Toolbox, Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル