公共性の高い民間病院に税制優遇

 
スポンサーリンク


日経新聞より。
------------------------------------------------------------
民間病院、6倍200拠点に 公立に代わる地域医療、厚労省が育成策
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20090226AT3S2200425022009.html
------------------------------------------------------------

・政府は地域医療の中核となる民間病院の育成策を固めた。
・来年度から固定資産税を非課税にして社会福祉法人の経営を支援し、公立病院に代わる地域医療の中核に育てる。
・2013年度には法人数を今の6倍の200に増やす計画。
社会医療法人は07年4月から始まった制度。救急、災害、へき地、周産期、小児救急の5つの医療分野のいずれかで一定の実績があることや透明性の高い経営体制などを条件に都道府県が認定する。


  公立病院の民間移譲・統廃合が加速するでしょうか。

2010年4月6日引用削除

Community Medicine Toolbox, Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル