COPDに長時間β+ステロイド吸入は有効か?

 
スポンサーリンク


 COPD(慢性閉塞性肺疾患)の季節になりました。急性増悪がポツポツとみられています。
 最近はステロイド配合の長時間持続β2刺激薬がありますが、COPDに対するステロイド吸入の効果はどれほどなのでしょうか。

Ann Intern Med. 2007 Apr 17;146(8):545-55. Epub 2007 Feb 19.
Tiotropium in combination with placebo, salmeterol, or fluticasone-salmeterol for treatment of chronic obstructive pulmonary disease: a randomized trial.
Aaron SD, Vandemheen KL, Fergusson D, et al. ;Canadian Thoracic Society/Canadian Respiratory Clinical Research Consortium.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17310045

■中等症から重症のCOPDで、抗コリン薬(tiotropium)を使用中の人に
■長時間持続β2刺激薬(salmeterol)またはステロイドの合剤(fluticasone-salmeterol)を追加して1年間治療すると
■プラセボを追加するのと比較して
■急性増悪(ステロイドまたは抗生剤の全身投与が必要なもの)は減るか
■治療、ランダム化比較試験

■結果 449人のうち

           プラセボ    salmeterol    fluticasone-salmeterol
            n=156     n=148       n=145
急性増悪     98 (62.8%)   96 (64.8%)    87 (60.0%)
ARR(95%CI)           -2.0%(-12 to 8.8) 2.8%(-8.2 to 13.8)

 急性増悪では有意差がなかった。感度分析を行っても、結果に変わりはなかった。

 Primary outcomeである1回以上の急性増悪では差が出ませんでした。急性増悪での入院ではfluticasone-salmeterol群で有意に少なくなっていますが、これは6つのsecondary outcomeのうちのひとつの項目です。
 また、プラセボ群とsalmeterol群では40%が脱落し、脱落後はオープンラベルとなっていますので、解釈には注意が必要です。さらなる検証が必要でしょう。
※fluticasone-salmeterol=アドエア(GSK)

Community Medicine Toolbox, Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル