謝罪は行動で

 
スポンサーリンク


 時事通信より。

 相次ぐ妊婦受け入れ問題で、二階俊博経済産業相(69、衆院、自民党、和歌山3区、当選8回)が「政治の立場で申し上げるなら、何よりも医者のモラルの問題。忙しいだの、人が足りないだのと言うのは、言い訳にすぎない」と発言した。


 これに対して全国医師連盟は抗議文を掲載しています。

 謝罪するぐらいなら、忙しいだの言わないで、黙って夜間の医療現場を視察してきていただきたいです。政治家のモラルも問題です。

Community Medicine Toolbox, Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル