医療破壊

 
スポンサーリンク


 週刊東洋経済11/1特大号は特集「医療破壊」です。銚子市立病院をはじめ自治体病院の窮状、医師酷使社会の現実、離島医療など、地域医療についての詳細な記事がでています。
 身近な方々もたくさん登場していました。
 医療崩壊でたいへんな事態だからこそ、「安全に働く人権がない」医師の犠牲の上に成り立つ過酷な労働は非常に危険です。医療が破壊される前に、地域医療の現場で働く臨床医の声を早急に協議すべきではないでしょうか。

Community Medicine Toolbox, Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル