麻疹予防 追加接種率低迷

 
スポンサーリンク


 麻疹予防接種の追加接種率が低迷しているようです。

 最近の麻疹の流行は記憶に新しいところです。

 国立感染症研究所のガイドラインでは、13歳、18歳での接種が勧められています。

2008年4月1日から5年間の期限付きで、麻疹と風疹の定期予防接種対象が、現在の第1期(1歳児)、第2期(小学校入学前年度の1年間にあたる児)に加え、第3期(中学1年生相当年齢)、第4期(高校3年生相当年齢)に拡大されます。対象にあたる方々は、忘れずに接種を受けましょう。 接種の詳細については、お住まいの市区町村にお問い合わせください。

Community Medicine Toolbox, Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル