PGE1の長期的効果は明らかでない

 
スポンサーリンク


 下肢の末梢動脈疾患(PAD)に対して、プロスタグランジン製剤(PGE1)は効果があるのでしょうか。

Ann Intern Med. 1999 Mar 2;130(5):412-21.
Prostanoids for chronic critical leg ischemia. A randomized, controlled, open-label trial with prostaglandin E1. The ICAI Study Group. Ischemia Cronica degli Arti Inferiori.
[No authors listed]
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/

  • 慢性下肢虚血1560名に
  • 連日60mcg PGE1 (in the form of alprostadil-alpha-cyclodextrine)投与すると(771名)
  • プラセボと比較して(789名)
  • 死亡と脳血管・心・血管疾患(major amputation or persistence of critical leg ischemia, acute myocardial infarction, or stroke)の複合エンドポイントが減少するか
  • 治療、ランダム化比較試験

結果

退院時
治療群 493 [63.9%]
対照群 581 [73.6%]
relative risk, 0.87 [95% CI, 0.81 to 0.93]; P < 0.001
6か月後
治療群 348 of 661 [52.6%]
対照群 387 of 673 [57.5%]
relative risk, 0.92 [CI, 0.83 to 1.01]; P = 0.074


 一時的には効果がある可能性はありますが、長期的効果については差がなくなります。ACC/AHA 2005 Practice GuidelinesでもPGE1は推奨されていないようです。

Community Medicine Toolbox, Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル