敗血症の診断にプロカルシトニン(2)

 
スポンサーリンク


 以前取り上げた、敗血症・プロカルシトニンのsystemaic reviewについて。
http://comet-log.blogspot.com/2008/07/blog-post_28.html

 DynaMedにこの記載がなかったため、問い合わせてみました。
 さきほど執筆担当から、以下の内容で追加記載したことの連絡がありました。

procalcitonin may not differentiate sepsis from non-infectious causes of systemic inflammatory response syndrome (SIRS) in critically ill adults (level 2 [mid-level] evidence)

---以下DynaMed参照---

 Thank you again for your contribution to the improvement of DynaMed.とのお返事をいただきました。
 貢献できてうれしいです。それにしても対応が迅速ですね。見習いたいです。

Community Medicine Toolbox, Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル