胆石にUDCAで胆嚢炎再発がへるか?

 
スポンサーリンク


 胆石胆嚢炎の方をたてつづけに治療しました。回復後、UDCA(ウルソ)投与をしたほうが、再発はへるのでしょうか?調べてみました。
 あまり的確なものは見つかりませんでしたが、UpToDateで日本人のコホート研究を見つけました。

Hepatology. 1999 Jul;30(1):6-13.
Long-term ursodeoxycholic acid therapy is associated with reduced risk of biliary pain and acute cholecystitis in patients with gallbladder stones: a cohort analysis.
Tomida S, Abei M, Yamaguchi T, Matsuzaki Y, Shoda J, Tanaka N, Osuga T.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10385632


  • 大学附属病院で合併症のない胆石症と診断された527名の人を
  • 長期間観察すると
  • UDCA投与は胆石疝痛の発症、胆摘術の適応の予後因子となるか
  • 予後、コホート研究

結果

胆石疝痛
ハザード比 0.267 95%信頼区間 0.15-0.46

      10年の累積発症率 UDCA投与
症候性胆石  92%       62%
無症候性胆石 12%       8%

胆摘術 
ハザード比 0.240 95%信頼区間 0.04-0.10

      10年の累積発症率 UDCA投与
症候性胆石  88%       26%
無症候性胆石 2%        2%?

 Table3, abstructと本文に不一致がみられ、誤植と思われます。
 アウトカム評価は2名以上の評価になっているようですが、マスキングはされていないと思われます。観察研究ですので、UDCAの介入の直接の効果を評価することはできませんが、長期的には胆石発作予防に有効である可能性が示唆されたものと思われます。

Community Medicine Toolbox, Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル