ACEIとARBの併用は効果に差がなく害がふえる

 
スポンサーリンク


 ACEI(アンギオテンシン変換酵素阻害剤)については、15万人規模のランダム化比較試験で心不全やハイリスク糖尿病などに対するものなど、その有効性について立証されてきていますが、ARB(アンギオテンシンレセプター拮抗剤)については、まだ心機能が低下した心不全に対する有効性など限られたものしか報告されていないようです。そこでACEIとARBを直接比較した研究がありました。

N Engl J Med. 2008 Apr 10;358(15):1547-59. Epub 2008 Mar 31.
Telmisartan, ramipril, or both in patients at high risk for vascular events.
ONTARGET Investigators, Yusuf S, Teo KK, Pogue J, Dyal L, Copland I, Schumacher H, Dagenais G, Sleight P, Anderson C.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18378520


  • 血管疾患やハイリスク糖尿病の方が
  • ARB(telmisartan 80mg)内服すると
  • ACEI(ramipril 5-10mg)またはtelmisartanとramiprilの併用と比べて
  • 心血管疾患による死亡、心筋梗塞、脳梗塞、心不全による入院の複合アウトカムがふえるのか
  • 治療、ランダム化比較試験

結果
ramipril group (16.5%)に比べて
telmisartan group (16.7%; relative risk, 1.01;95% confidence interval [CI], 0.94 to 1.09)
combination-therapy group (16.3%;relative risk, 0.99; 95% CI, 0.92 to 1.07)


副作用は・・・
Ramipril(N = 8576) 2099 (24.5)
Telmisartan(N = 8542) 1962 (23.0)
CombinationTherapy(N = 8502) 2495 (29.3)

 やはり併用群で多いようですね。併用しても効果には差がなく害が増える・・・併用はなるべく避けたいですね。

Community Medicine Toolbox, Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル