開放性ウエットドレッシング療法

 
スポンサーリンク


 数年ぶりに褥創診療を行いました。感染・壊死・ポケット形成がある褥創でした。すでにポケットは切開されており、浸出液があふれ、ガーゼが当てられていました。 ここはラップ療法の出番ですね!

有名な鳥谷部さんのホームページです。
http://www.geocities.jp/pressure_ulcer/
目次
http://www.geocities.jp/pressure_ulcer/sub500.htm

 ラップ療法、病棟にもなかなか浸透していないようです。創を閉鎖するのはよくない、という誤解によるものかもしれません。「開放性ウエットドレッシング療法」はよいネーミングかもしれません。

Community Medicine Toolbox, Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル