患者からの暴力被害

 
スポンサーリンク


 医療従事者にとっては深刻な問題です。対策が必要と思いますが・・・


院内暴力・暴言:病院の5割被害 「対応マニュアルあり」2割--全日本病院協会調査

 医師や看護師ら病院職員が患者とその家族から身体的・精神的暴力を受けたことがある病院が、全国で5割に上ることが「全日本病院協会」の調査で分かった。全体の6割が院内暴力・暴言に対して「不安を感じる」と回答したが、対応マニュアルのある病院は2割弱で、4割は職員からの報告体制も確立していない。

 調査は昨年12月~今年1月、同協会会員の公立・民間病院計2248カ所を対象に実施、49%の1106病院が回答した。

 暴力・暴言は52%の病院が経験し、計6882件に上った。うち9割は患者本人からのものだった。最も多かったのが職員を罵倒(ばとう)するなどの精神的暴力で3436件。身体的暴力(2315件)、セクシュアルハラスメント(935件)などが続いた。警察への届け出や弁護士への相談は7・9%(541件)にとどまっており、院内で対応する傾向が強い状況がうかがえた。


 私も経験があります。明らかに精神疾患があるなどの場合、警察への届け出は躊躇するのは当然です。他の対策が必要だと思います。

Community Medicine Toolbox, Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル