医療崩壊の現状分析と対策に関する考察

 
スポンサーリンク


 表記の内容が公開されています。

東京大学医科学研究所探索医療ヒューマンネットワークシステム部門
「医療再建を目指すワーキンググループ」
貫名有香、三谷明範、城口洋平、鈴木陽介、児玉有子、岸友紀子、上昌広
http://kousatsu.umin.jp/

医療崩壊が社会問題となり、政府・与党は緊急的に医師確保、医師派遣といった対策を打ち出してきたが、医師派遣はわずか6人にとどまり、焼け石に水の状態である。客観的データによる現状把握に基づいて議論が行われているとは言えない状況で、辻褄合わせの対策を打つのみでは医療崩壊は止められない。

 
 あとでゆっくり読んでみたいと思います。

Community Medicine Toolbox, Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル