高尿酸血症は心不全・脳卒中死亡のリスクになる

 
スポンサーリンク


 余裕がなく更新できませんでした。気を取り直して・・・

Clin Chem. 2008 Feb;54(2):273-84. Epub 2007 Nov 26.
Serum uric Acid and risk of cardiovascular mortality: a prospective long-term study of 83 683 austrian men.
Strasak A, Ruttmann E, Brant L, Kelleher C, Klenk J, Concin H, Diem G, Pfeiffer K, Ulmer H; and the VHM&PP; Study Group.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18039719

  • 男性(平均41.6歳、83683名)にとって
  • 高尿酸血症は
  • 死亡の予後因子となるか
  • 予後、コホート研究

結果
高尿酸血症(>6.7mg/dL)はうっ血性心不全による死亡(補正ハザード比1.51、95%信頼区間1.03-2.22)、脳卒中による死亡(補正ハザード比1.59、95%信頼区間1.23-2.04)と相関があった。


 これまで高尿酸血症が独立した危険因子となるかどうか議論が分かれているところでした。これが高尿酸血症と死亡の関係を証明したはじめての大規模研究のようです。

Community Medicine Toolbox, Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル