速報:HbA1cを下げすぎると死亡が増える

 
スポンサーリンク


 速報です。

 10251名が参加して行われているACCORD (Action to Control Cardiovascular Risk in Diabetes) 研究において、2型糖尿病の目標をHbA1c<6%とした強化治療群で、標準治療(HbA1c 7-7.9%)に比べて死亡が増えていることがわかり、研究が途中で中止されたようです。

http://www.accordtrial.org/public/index.cfm
http://www.nih.gov/news/health/feb2008/nhlbi-06.htm

  • 強化治療 257名死亡/4年(5%)
  • 標準治療 203名死亡/4年(3.9%)
  • NNH=91

 

 衝撃的な結果です。血糖を下げすぎると、治療のために91人に1人殺してしまう、ということです。 

 2つ以上の危険因子をもった糖尿病が対象とのことですが、やはりHbA1cに厳格すぎる診療は危険ですね。適当なところがちょうどいいかもしれません。

 

 この強化治療群の平均HbA1c値は6.4%だったようです。

 

 詳報が待たれますが、恐ろしい結果です。

Community Medicine Toolbox, Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル