ビタミンB12欠乏症の早期診断に「携帯電話徴候」

 
スポンサーリンク


 肺炎で治療中の方に大球性貧血を発見。10年前に胃全摘術を受けておられました。治療について調べていたところ、こんな論文をみつけました。

QJM. 2006 Apr;99(4):273. Epub 2006 Feb 27. "Mobile phone sign" in early vitamin B12 deficiency. Kozak N, Schattner A.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16504987

  • 症例報告

 携帯電話のマナーモードがわからなくなった、というのが「携帯電話徴候」のようです。振動覚の低下ですね。血液検査では、ビタミンB12低値があるだけで、血算の異常もなかったようです。(よく発見されたと思います。)厳格なベジタリアンだったようですが、ビタミンB12注射で改善したようです。
 大球性貧血の方には聞いてみたいと思います。糖尿病性神経障害の診断にも使えるのでしょうか?

 

つづく

Community Medicine Toolbox, Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル