イザベル=診断のグーグル

 
スポンサーリンク


 絶対計算の進化はここまで来ていました!
 症状を入力するだけで鑑別診断を挙げてくれる、臨床診断支援システム(CDSS)が臨床で活用できる段階にあるようです。(「その数学が戦略を決める」(文藝春秋)でも紹介されていました!)
 検証論文もいくつかあるようです。

J Gen Intern Med. 2008 Jan;23 Suppl 1:37-40. Performance of a web-based clinical diagnosis support system for internists. Graber ML, Mathew A.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18095042

  • Case Records of MassachusettsGeneral Hospital (New England Journal of Medicine誌)の症例を
  • "Isabel" (Isabel Healthcare Inc., USA)に入力(重要な所見またはテキストペースト)すると
  • どれほど正確な診断ができるか
  • 診断

結果
正確な診断を含んでいたものは、
テキストペーストで75%、重要な所見で96%(残り4%はIsabelに登録されていない診断名であった)


Differential Diagnosis |Use Isabel diagnosis tool to broaden your ddx


かのMGHで96%というのは驚きです。ぜひ臨床で使ってみたいですね。年間$750とのことですが・・・

Community Medicine Toolbox, Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル