側頭動脈の硬結がないと側頭動脈炎は除外できるか

 
スポンサーリンク


歯性上顎洞炎で治療している糖尿病の方。
歯痛が出てからまもなく、ずきずきする右側頭部痛がみられるようになったそうです。
顎関節痛、開口障害はありません。右側頭部に限局した圧痛がありました。
筋肉痛はみられませんでしたが、最近目が悪くなって、眼科にかかっていました。

側頭動脈炎・・・?。

しかし、側頭動脈には硬結はみられず、拍動も触知しませんでした。
側頭動脈の硬結がなければ、側頭動脈炎は否定できるのでしょうか?
こんな時には、JAMAのRational Clinical Examinationへ!

JAMA. 2002 Jan 2;287(1):92-101. Does this patient have temporal arteritis? Smetana GW, Shmerling RH. PMID: 11754714

  • 頭痛
  • 側頭動脈に異常所見があると(ないと)
  • 側頭動脈炎と診断できるか(除外できるか)
  • 診断、総説(review)

結果
側頭動脈   陽性尤度比/陰性尤度比
数珠状   4.6/0.93
隆起・拡大 4.3/0.67
圧痛     2.6/0.82
拍動なし  2.7/0.71

側頭動脈の拍動がないことも、側頭動脈炎の診断に近づくようですね。
血液検査で血沈103mm/h。上顎洞炎があるため判断が難しいですが、不釣り合いに亢進している印象です。 やはり側頭動脈炎の疑いは残ります。
しかし、血糖コントロールも不良で、上顎洞炎が治まるまで慎重に経過観察することとし、ステロイド治療は見送りました。

Community Medicine Toolbox, Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル