地域医療日誌 by COMET

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LABAsの安全性

長時間作用型β刺激薬(LABAs)単独での危険性は以前取り上げました。 気管支喘息にLABAは死亡をふやす - 地域医療日誌 by COMET 気管支喘息に対して吸入ステロイド(ICS)と併用した場合にはどうでしょうか。LABAsの安全性に関するメタ分析がありました。-------…

気管支喘息にLABAは死亡をふやす

FDAから気管支喘息のLABAs(長時間作用型β刺激薬)に関するメタ分析が出ています。情報はDynamedより発信されていました。早いです。PDFは460ページあります。ご注意ください。------------------------------------------------------------Long-Acting Bet…

気管支喘息の約3割は過剰診断

気管支喘息は過剰診断(overdiagnosis)されている、という論文がカナダから出ていました。CMAJ. 2008 Nov 18;179(11):1121-31.Overdiagnosis of asthma in obese and nonobese adults.Aaron SD, Vandemheen KL, Boulet LP, McIvor RA, Fitzgerald JM, Hernand…

喘息発作にネオフィリン?

当直医のための喘息発作対応マニュアルを作成しました。「ネオフィリンは入れなくてよいのか?」という質問を受けました。ネオフィリンは効果がなく害があるという論文があったと思いますが、裏付けをとってみることにしました。Cochrane Database Syst Rev.…

Community Medicine Toolbox, Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル